ありさとの雑記帳

いろいろなことを書き残しておく場所

だかいち関連目次

桜日梯子『抱かれたい男1位に脅されています。』関連エントリの目次 

 

f:id:alisato:20190510221907p:plain

動画「ちゅんたか on Vacation」

インスト曲に合わせて、ちまいちゅんたか二人が南の島での休暇を楽しむシーンをつなげたMMD動画です。
アイドルのMVなんかで、たまにあるやつ……というコンセプト。
アニメのEDのように、ダンスシーンの合間にリゾートのショットを入れたかったけど、似合うダンスモーションが見つからなかったので、踊りません。


f:id:alisato:20190820184308p:plain
冒頭はアニメエンディングの再現風。
一応4泊6日という設定で、これは旅先の4日目です。

ヤシの木シーンは一枚絵を加工。レンズフレアはAviutlで。


f:id:alisato:20190820184337p:plain
空港シーンの背景は静止画。ゆんフリー写真素材集さんのホノルル空港の写真をお借りしました。青空部分にMMDスカイドーム画像を合成しています。
原作4巻の空港シーンに合わせて、帽子をかぶせたかったんですけど、モデルの頭が大きすぎて似合わないので断念。
これが旅行先1日目。(前日の夜に日本を出発して翌日の朝に到着)


f:id:alisato:20190820190704p:plain
浜辺のシーンと次の街中はホノルルっぽい「カモメ町」というステージです。
モブキャラを配置するのが面倒だったので、人っ子一人いない浜辺になりました。
ロゴは適当に自作。


f:id:alisato:20190813193018p:plain
1日目の午後、ホテルに荷物を置いて、アロハシャツ買って着替えて街を散策とか、そんな感じ。日本の観光客が多いし、眩しいのでサングラス着用。
2位のひとが持ってるのがチョコレートクリームフラッペで、1位が持ってるのがマンゴーフラッペです。


f:id:alisato:20190820184514p:plain
2日目はドライブ。2019年のカレンダー6・7月のイラスト風に。
このオープンカーは映画『おしゃれ泥棒』でヘップバーンが乗っていたアウトビアンキビアンキーナを参考にしているそうです。イタリアのヴィンテージ車。頑張ってナンバープレートをハワイ仕様にしたけど、通り過ぎるのが早すぎて全然分からない。
ハワイは日本の免許証で運転できるそうですが、東谷はスペイン編で普通に車運転してたので、国際免許も持ってるし、左ハンドルにも慣れてるんでしょう。
あまりにもモブがいないのも変かなと思ったので、シルエットのモブキャラを置いてみました。デフォルメキャラを使用したときに、モブキャラの等身をどうするかは悩みどころです。


f:id:alisato:20190820184558p:plain
ドライブの行き先は、どこかのプライベートビーチ。
ビーチチェアでうとうとしてたら、声をかけられて、思わず振り向いたら写真撮られ、ちょっとムッとしたところで「虹ですよ」と言われて、そっちを見る……というシーンなのです。
ハワイの虹は半円じゃなくて、四分円っぽいですけど、まぁ、虹だって分かればいいやってことで。


f:id:alisato:20190820184618p:plain
3日目は、とある島で海水浴。
セレブ専用のプライベートビーチを貸し切り状態なので、2位のひとも気兼ねなく浮き輪でぱちゃぱちゃできますよっと。カメラが離れたときに、ダイオウイカごっこ(婉曲表現)とかしてるんじゃないかと思います。


f:id:alisato:20190820184658p:plain
4日目はホテルでのんびりしたり、夕日の浜辺を散歩したり。
「手を繋ぎたい」と言われて、躊躇しつつ……とかそんな感じで。
スペイン編の前なので、2位のひとは、まだ自分からアクション起こすのが恥ずかしいんですな。


f:id:alisato:20190820190720p:plain
最後はホテルのベランダでシャンパンを飲みながら、星を見たり。
ちなみに指輪をはめているのは、このシーンだけです。(多分部屋ではめた)
2位のひとも指輪してるんですけど、うまく映せませんでした。

翌日帰国……の設定です。

アロハちゅんたかを作成

アロハシャツを着た1位と2位モデルを作成。
柄を非対称にするため、UV設定が面倒でした。
前髪にボーンを入れました。
f:id:alisato:20190813193018p:plain


アニメのエンディングを参考に作ったので、EDシーンを再現してみたり。
「ちゅんたか!」の曲はニコニコ動画の許諾曲に入ってないので、残念ながら動画に使用できないんですよね。

こっちは公式。

動画「どこかの1位のフィクサー」

原作 第12話あたりの東谷サイドの心境……のような動画。


1位のモデルで動画を作りたいと、いくつかモーションを流し込んで試してみて、一番似合ったのが、伊達の犬さんの「フィクサー」のモーションでした。
(ちなみに、2位のモデルは捻じりボーンの設定がおかしいらしく、ちゃんと踊ってくれません。修正しなきゃ)

そこで、改めて歌詞(https://piapro.jp/t/G_Y4)を見てみたところ、
パパラッチ編の東谷の気持ちを歌っているようだと感じました。
「記憶を消してしまいたい、自分の存在を消してしまいたいほどにつらいから、いっそ加害者に、奪う側にまわってしまえ」という歌です。「フィクサー」というのは黒幕の意味があります。
スキャンダルのために高人さんを失って、目の前がぐちゃぐちゃになった東谷が高人さんを奪い返すために企てを巡らすパパラッチ編にぴったりの歌ではないですか。
「嘘味の粒々を喉から締め出した悲鳴ごと嚙み砕く」なんてフレーズもあります。まさに、ミントタブレット! 

これは真面目に動画作らなきゃと思ったのですが、果たしてデフォルメモデルで作る内容だろうか、ちゃんと等身大モデルで作るべきじゃないのかと、しばし逡巡。
等身大の東谷がこの曲で踊るのかといったら、踊って心情を吐露したりしないだろう、でも、東谷の人形……というか心象風景の中の分身だったら、踊ってもおかしくないだろうという結論に達し、デフォルメモデルをメインにして動画を作ることにしました。


f:id:alisato:20190812231415p:plain
幸いにも、デフォルメモデルの素体の作者さんが、良い感じの衣装モデルを配布してくださっていたので、人形を操るための等身大のマネキンモデルを急遽でっちあげ、前口上部分を作成しました。
前口上部分のフォントはMicrosoft JhengHei(日本語フォントじゃなかったのか!)。
歌詞のフォントは「たぬき油性マジック」。
「できない約束を」の部分は「ふい字フォント」。

踊っているモデルは、人形らしさを出すために目の光を消し、泣けない現実の東谷(等身大モデル)の代わりに、目の縁に涙を浮かべています。涙はよく見ないと分からないですが。


f:id:alisato:20190812231425p:plain
「出来ない約束を」のところには、去っていく高人さんのカットを入れてみました。
「出来ない約束を」が意味するのが、同居なのか、別れなのか、作った人間も迷いつつ。


モーション配布動画に使用されている音源は、歌詞の1番の途中から最後の歌詞に飛んでいて、「嘘味の粒々を喉から締め出した悲鳴ごと嚙み砕く」のフレーズが入っていないので、どうにか入れられないかと、いろいろやってみたのですが、音源の加工ができず、結局そのまま使用することに。


f:id:alisato:20190812231441p:plain
「沈め」の部分はダンスのモーションもあったのですが、どうしても水の中に沈んでいくイメージを入れたかったので(この時期に見ていた『さらざんまい』のイメージが混じったかも)、あのようになりました。
フリスクを握りしめているのは原作12話の冒頭あたりの東谷……のつもり。


f:id:alisato:20190812231456p:plain
「打ち鳴らせ」の歌詞で、光が差し込んで人形の目に光が入るのですが、あそこで差し込んでくる光は、実は、珠理雄さんによるゴシップカメラマンについての情報……ということになります。


f:id:alisato:20190812231559p:plain
「奪え」の歌詞で反撃開始。ガラスを壊す演出はモーション配布動画にあった演出の真似ですが、0章で高人さんが壊してくれた「アクリル板」を、今度は自分で蹴破って、世界=高人さんを取り戻しにいくという意味合いもあります。


f:id:alisato:20190812231552p:plain
クライマックスは変化をつけるために、等身大モデルも顔を出さないように踊ってもらいました。hiro Kさんの衣装モデルがよく出来ていたので、モーションの修正なしで大丈夫でした。

技術的な制作メモは別ブログ( http://alisato.hateblo.jp/entry/20190701 )で。

等身大のちゅんたかマネキンモデル

動画に必要なので、hiro K式190_02シャツ出し衣装をカスタムして、等身大の東谷のボディだけ急遽でっち上げました。頭のないマネキン状態です。いつかヘッドが作れたらいいですね……。今は無理。

「高人さん、高人さんドールですよ。ちゃんと服の下も作り込みましたよ」
f:id:alisato:20190730234023p:plain

「服の下も作り込んである高人さんドール」=「ついてる」ってことです。形状変化機能もついてるかもしれぬ。触ると「ちゅんた」という声を出す。へんなところを触るとハートマークつきの声が出る……とか、そんなの。
もっとも、ホンモノの東谷は高人さんドールなんて作らないと思いますけどね。実物をいくらでも弄れるんだから、ドールなんて必要なかろう。

ドールのほうは、いつもの「ちまい2位のひと」モデル。いつも踊っているモデルの1/2のサイズ。
ちなみに、ついてません。パンツの下は空っぽです。


hiro K さんの190_01 スーツ衣装を改造して、高人さんボティっぽいものも作成。
『やわらか3DCG教室』の頭部素体を利用して、ダミーヘッドも付けてみましたが、目がないので、依然としてマネキン状態。髪の毛は「ちまい2位のひと」のものを流用。
f:id:alisato:20190730234047p:plain


頭部はダミーヘッドにデフォルメモデルの髪の毛をのせたもの
f:id:alisato:20190730234337p:plain
作り直すので、あえて粗が残る状態にしてあります。手をかけると、作り直しても元のが良かったって思っちゃうので。
東谷の服は、まだカーゴパンツとブーツに改造してない。高人さんがちょっと大きい感じ。


こちらは「身長158cm」プラグイン(http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2597790)で高人さんマネキンに調整をかけたもの。
f:id:alisato:20190730234407p:plain
元の高人さんマネキンは178cmだった。
(動画に使ってみたら、高人さんマネキンはちょっと頭が大きかった。ヘッドをもう少し小さくすべきだった。)

ぬいぐるみのちゅんたか

だかいちアニメのキービジュアルのクリアファイルってムービックの製品だったのかーと思いながら、ムービックの通販のページを見ていたところ、ちゅんたかのぬいぐるみを発見。
クリアファイルは買えたからいいんだけど、ぬいぐるみ……どうしようかね。たまに欲しくなったりするんだな……としばし逡巡。
結局、買わずに後悔して中古を探すくらいなら、買ってしまいこんでおくほうがマシと思い、注文しました。

物理的なものが欲しいなら、グラフィグちゅんたかを組み立てるべきだったかもしれないとも思いましたけど、頑張って集めた雑誌バックナンバーの付録を開封するのがもったいなくて……。

で、ぬいぐるみが届きました。こんな感じで飾っています。
高人さんぬいがよく転げ落ちるので、命綱をつけることにしましたた。(わざわざ赤い紐を探した)
安定しました。天使がすげー満足そうに見えますね。

f:id:alisato:20190706140516j:plain