ありさとの雑記帳

いろいろなことを書き残しておく場所

煽り文コレクション5:桜日梯子『抱かれたい男1位に脅されています。』

桜日梯子『抱かれたい男1位に脅されています。』煽り文コレクションの第五弾は、コミックス5巻収録分です。

煽り文とは本の帯などに書かれる宣伝文句(Weblio辞書)。
マンガの場合は、雑誌掲載時に扉絵や柱で目にできます。通常は編集さんによるもので、コミックスには載りません。
読めなくなるのが惜しい名コピーも多いので、煽り文が掲載されたタイトルページを集めてみました。

第14話

「雨音がかき消してくれればいい、
 この雑音を――。」
f:id:alisato:20200114235853j:plain
出典:『MAGAZINE BExBOY 2017年7月号』(リブレ, 2017/07/07, p.72-73)

3ヶ月ぶりの連載再開。表紙も桜日先生です。
タイトルページの上部に「皆様お待たせいたしました! 待望の連載再開です!」。
話数表記は「第14話」。
連載再開までの間があいた上、コミックス4巻が発売されて直前の話数が「第13話」になっていることから、「(パパラッチ編)第7話」ではなく、「(本編)第14話」の表記になったようです。



最終ページの柱の煽り文は「It's show time ~~!!」
公式さんも楽しそう。

第15話

「守られる立場ではなく守る立場でありたい。」

『MAGAZINE BExBOY 2017年8月号』(リブレ, 2017/08/07)掲載。
扉絵画像はビーボーイ編集部のツィートでご確認ください。

縦書きのタイトルロゴは、コミックスの表示にはありますが、扉ページではこの回が初めてですね。
モノクロページ用の横書きタイトルロゴは、「抱 れ い 1 に さ て ま」の文字が黒のもの(周りのキラキラがない版もあり)、トーンのもの(3巻はこれが多い)、白のもの(第13話が初出)があるようです。

メインの煽り文とクロスする位置に「パパラッチ編、クライマックス直前」のコピー。
話数表記は「第15話」です。

最終ページの煽り文は無し。



.

第16話

「二人でしか作れない
 幸せがあると知った」

MAGAZINE BExBOY 2017年9月号』(リブレ, 2017/09/07)掲載。
扉絵画像はビーボーイ編集部のツイートでご確認ください。

二人の間にある「Usted es mi tesoro(あなたは私の宝物)」は煽り文ではなく、原稿の一部なので、コミックスでも残っています。

話数表示は「第16話」。

最終ページの柱の煽り文は「世界で一番幸福な宣戦布告♥」です。



パパラッチ編終了のあと、「抱かれたい男1位に脅されています。」は、しばらくお休みで、『MAGAZINE BExBOY』の2017年11月号と2017年12月号に「君に捧ぐサディスティック」の続編「いつか君に殺される」前後編、2018年1月号に「ネトラレトライアングル」の第5話が掲載されました。

第17話-(1)

「可愛いお顔を
 みせてくれないのは
 なんでなんでなんで?」

『MAGAZINE BExBOY 2018年2月号』(リブレ, 2018/02/07)掲載。
通称手錠回の前半です。表紙も桜日先生。
扉絵画像は桜日先生のツィートでご確認ください。

タイトルの上の煽り文は「パパラッチ編お疲れ様のラブラブ回だよ~」。
話数表記は「第17話」



最終ページ(高人さんの「胸が」「いっぱいになる」のモノローグのページ)の柱の煽りは「高人さんよくできました♥」ですが、次の号も濡れ場の続きがあるんです。

第17話-(2)

「手錠に繋がれた夜を追跡!」

『MAGAZINE BExBOY 2018年3月号』(リブレ, 2018/03/07)掲載。
手錠回の後半です。話数表記は「第17話 の続き」です

扉ページではなく、通常のページにタイトルと煽り文が表記されているのですが、濡れ場の真っ最中シーンなので画像を載せられません。(お察しください)
タイトルと煽り文の位置は、桜日先生のツィートの画像でご確認ください。
この号は変則的に第17話のつづきと第18話の2本立てです。


雑誌掲載時は9ページでしたが、コミックス収録時に4ページ分加筆されています。
事後といいいますか、翌日の「よかったですねっ 鍵、ちゃんと 届いたみたいで!」のセリフのあるページの前の4ページ分(p.114~117)が加筆部分です。

第18話

「年の割に綺麗な手も、
 まっすぐに伸びた背中も、
 誰よりも通る声だって、
 全部ずっと覚えてる。」
f:id:alisato:20200114235922j:plain
出典:『MAGAZINE BExBOY 2018年3月号』(リブレ, 2018/03/07, p,140-141)

少年時代の高人さんの姿が見られる、通称「鈴子さん回」の煽り文は、桜日先生に「コミックスになると、この煽り文がなくなってしまうのがもったいない」と言わしめた名コピーです。

この煽り文コレクションの企画を立てたのも、この名コピーを残したいがためでした。
残念ながら公式のチラ見せでは見ることができないページなのです。

話数表記は「第18話」。
最終ページの柱は、コミックス5巻の告知です。
次回の掲載号の告知はなく、「つづく」とだけ書かれています。

初出情報

第14話:
『MAGAZINE BExBOY 2017年7月号』(リブレ, 2017/07/07)掲載
 p.71~100(30p)

第15話:
『MAGAZINE BExBOY 2017年8月号』(リブレ, 2017/08/07)掲載
 p.39~65(25p)

第16話:
『MAGAZINE BExBOY 2017年9月号』(リブレ, 2017/09/07)掲載
 p.71~97(27p)

第17話-(1):
『MAGAZINE BExBOY 2018年2月号』(リブレ, 2018/02/07)掲載
 p.299~320(22p)

第17話-(2):
『MAGAZINE BExBOY 2018年3月号』(リブレ, 2018/03/07)掲載
p.139~147(9p)

第18話:
『MAGAZINE BExBOY 2018年3月号』(リブレ, 2018/03/07)掲載
p.149~182(34p)

※雑誌なので、発売日は裏表紙に記載された発行日の1ヶ月前なのですが、ここでは記載されている発行日に合わせています。

収録コミックス

紹介した扉絵が収録されているコミックスはこちら。
煽り文ありとなしのバージョンを見比べてください。


amazonへ


桜日梯子『抱かれたい男1位に脅されています。5』
(リブレ, 2018/3/30, ISBN978-4-7997-3351-6)
amazon】【Renta!

「いつか君に殺される」初出情報

「だかいち」ではないんですが、データがあるので初出を載せておきます。
2020年1月現在「いつか君に殺される」はコミックス未収録です。

桜日梯子「いつか君に殺される」前編
『MAGAZINE BExBOY 2017年11月号』(リブレ)掲載
 p.5-34 (30p。p.5-8はカラー、ただしp.8は広告)

桜日梯子「いつか君に殺される」後編
『MAGAZINE BExBOY 2017年12月号』(リブレ)掲載
 p.41-80(40p)